日帰りで出来るレーシック手術

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。



日帰りで出来るレーシック手術ブログ:2018/8/18

減量はしたいけど、運動はしたくない!
…という方は、たくさんおられるでしょうが、
オレが思うに、運動することが一番手っ取り早くて、
簡単な減量だと思います。

カロリー計算をして、減量をする方もいますが、
毎食、毎食、カロリーのことを考えて食べる事をするというのは、
本当に大変なことで、お腹が満たされないだけではなく、
精神的なストレスもたまってしまいがちです。

それならば、
日々3食のカロリー計算をして減量をするよりも、
2日に1回、もしくは三日に1回、
三十分だけ減量のことを考える方が、
よっぽど簡単だとオレは思うのです。

日々、減量のことを考えなくて良い!
それで、どれだけ精神的に楽になるか…
皆さんもぜひ一度試してみてください!

それに、これまで
「運動なしでも痩せられる○○減量」が、
数多くは登場し消えていった理由を考えると、
ネーミングだけの減量方法が、
いかに商品を売りたい企業の戦略かということがわかると思います。

オレは、実際に運動を始めてみて思ったのですが、
運動は、ダイエットのためだけでなく、
日々の生活を元気に暮らすためにも、とても効果的です。

運動をしている状態は、体質を軽くしてくれますから、
自然と何をしていても気分が良くなってくるんです。

逆に、運動をしていないと、すぐに体質が疲れてしまって、
気分まで「早く休みたい」「早く座りたい」とだらけがち…

「運動をすると疲れる」と思って、これまでしてこなかった方は、
「運動をすると元気になる」と考えを変えて、
運動してみてはどうでしょうか?