日帰りで出来るレーシック手術

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。



日帰りで出来るレーシック手術ブログ:2018/9/29

シェイプアップ中、みなさんは
休みの日をどんなふうに過ごしていますか?

平日の疲れをとるために
11時までゴロゴロして、
その後も家の中でおとなしくしてよう。

そんな休日もいいですが、
積極的に外に出かける習慣をつけると
シェイプアップにも効果的なんですよ。

外に出て、
人に見られているという意識を持つ習慣をつければ、
自然と自分を磨こうとします。

例えば…
タレントがキレイを保てるのは、もちろん努力もありますが、
常に「人に見られている」という意識を持っているからです。

みなさんも
タレントになったつもりで…とまでは言いませんが、
見られているという意識を持つことで、
歩く動作もキチンとした感じになるかもしれませんよ。

「わたくしのことなんか誰も見てない!」なんて思わずに
勘違いでもいいから、外に出たら、
常にみんなから見られていると思ってみてください。

やせてキレイになるためには、
まずそういう意識を持つことが大事なんです。

また外出するということは、
歩く時間が増えるということにもなりますよね。

特に買うものがなくても、
ウィンドウショッピングを一時間もすれば
それはもう立派な有酸素体操になって
からだにたまった脂肪の燃焼を助けてくれますよ。

さらに、
「人に見られている」という意識を持っていれば、
自然と背筋が伸びて姿勢も良くなって、
これだけでもシェイプアップ効果がありますね。

外出には、ストレス発散の効果もあります。

家で黙々とシェイプアップするのもいいですが、
休みの日は外に出て、外の空気を吸ってからだを動かして、
自分の好きな演劇場まで出かけてみるのもいいですね。

ご飯制限でたまったイライラも、
外出することである程度は発散できるはずですよ。