日帰りで出来るレーシック手術

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。



日帰りで出来るレーシック手術ブログ:2018/11/03

減量にしっかり成功すれば、
「食べだしたら止まらない」という症状は
きっとなくなると思います。

たとえ起きたとしても、
それは多分「たまに」という程度になるのではないでしょうか。

なぜなら、
減量の本来の目的である、
「内面から綺麗になる」ことを実現できたなら、
「お腹いっぱい」
というレベルをきちんと体が知っているからです。

わたしも、今は食べ過ぎたなと思うときもありますが、
以前のように、
食べ過ぎなのに更に食べてしまうという…
いわゆる暴食はなくなりました。

体が「これでもう十分だよ!」と
歯止めをかけてくれるんですよね。

かく言うわたしは…
以前は食べ過ぎてしまうのなんて、日常茶飯事でした。

なのにリセットできないから、
体重はどんどん増えていく…
いつまで経っても消えない悩みだったんです。

リセットしようと思うと、
次の日食べなかったり、下剤を使ったり…

体にもよくないし、
結果的には体重を戻せたとしても
食べなかった分リバウンドしてしまったり…

だからこそ、
下剤などに頼らず、
リセットのできる体質になる事が大切なんですよね。

適度なトレーニングと、
バランスを考えた食べる事を実践する…
正しい減量法によって、
内面から綺麗な体になっていれば、自ずと
体質も変わっているはずです!

リセットできる体質、正しいリセットの方法を知り、
安心して食べる事を楽しみましょう!

ただ単に体重を減らせば良いという減量ではなくて、
根本的に体のことを考えた減量に励みましょう!

ニンニン