日帰りで出来るレーシック手術

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。



日帰りで出来るレーシック手術ブログ:2018/6/21

減量の成功に効果的な食べ物選びで
注意しなければいけないのは、
「できるだけ冷たいものを避ける」ということです。

氷の入った冷たいドリンクは避けて、
温かい緑茶や紅茶、ココアなどを飲むようにしましょう。

また食事でも、温かいメニューを選ぶようにしましょう。
味噌汁やスープなどの温かい汁物を毎食加えるようにすれば、
身体が温まる上に、少量でも腹が膨れるので、
ご飯の食べ過ぎを防ぐという効果も期待でき、一石二鳥です。

そして一番大事なのは、
血となり肉となるたんぱく質をしっかりとることです。
いわゆる主菜といわれる、
肉や魚、卵の料理は必ず食事に取り入れましょう。

7時から食べるのはちょっと重い…という方でも、
「お昼食と夕食の1日2回」は食べるようにしましょう!

主菜が少ないと、減量の成功に必要な栄養素である
「たんぱく質(アミノ酸)」が足りなくなって、
内臓の働きが弱まり、筋肉も衰えてしまいます。

そうすると、
脂肪を燃やしにくく、ためやすい「低代謝」の身体になってしまい、
減量に失敗してしまうんです。

また、たんぱく質が足りないと、
減量の大敵である甘いおかしの誘惑にも
打ち勝てなくなってしまいますよ。

特に減量中にオススメなのは、
羊や牛、豚の赤身の肉です。

というのも、実はこれらの肉には、
「L-カルニチン」という
脂肪の燃焼を高める成分が含まれているからです!

「減量には脂身が少ない鶏肉がよい」
と言う人もいますが、
この成分は残念ながら鶏肉にはほとんど含まれていないのです。

実際、
「お肉は鶏のささ身しか食べません」という方に限って、
太りやすかったりするんですよ!

ニンニン