手術なので確実に成功するとは限らない

手術なので確実に成功するとは限らない


手術なので確実に成功するとは限らない
まずはクリニックで発生した合併症や感染症の感染率などを事前に必ず下調べをしておきましょう。
その時にレーシックを受ける候補に入っていたクリニックで発生率が高かったというデータがあれば、そのクリニックは避けるべきです。

レーシックによって視力を回復することに成功をした人達というのは、手術前に自分自身でしっかりと勉強をしています。
しかし感染症を引き起こしてしまったり、失敗してしまった人達は、勉強を怠っていたというデータがあるのでご注意ください。
レーシック手術を受けることによって失敗をしてしまうことはほぼありえませんが、100%失敗をしないというワケではありません。
人間の手によって手術がされている以上、ミスを引き起こしてしまうこともあるので、もしものためにいろいろと勉強をしておきましょう。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。




手術なので確実に成功するとは限らないブログ:2018/12/08

我が家の宝物。
それは、一枚の写真です。

あたくしが生まれてから五日目、
病院から帰ってきて初めて、
我が家のお風呂に入った時の写真です。

父に抱かれたあたくし、
三歳のお兄さん、七歳の姉貴、九歳のお兄さん、
みんなで湯船につかったカメラ目線で笑っています。
撮ってくれたのはママです。

あたくしがお風呂に入った後、
お兄さんや姉貴が、「私も」「僕も」といって、
次々にお風呂へ入ってきたそうです。

その写真の日から、
あたくしのこの家での、
祖母を含めた家族七人の日々が始まったのです。

そんな七人家族の我が家で大切にしてきたのは
一緒に食事をすることです。

父もママも仕事を持っていて、
日々忙しいのですが、料理が大好きで、
休日の夕は二人で台所です。

お兄さんや姉貴が部活動で少々遅い日の夕方食も、
模試の日のあさ食も、できる限りみんなそろって食べてきました。

みんなで話したいことがたくさんで賑やか、
次に話したい人が手を挙げたり、
途中で突然自分の話をし始めた人を「話泥棒」と呼ぶ言葉が生まれたり、
おいしいライスを食べながら笑い合ってきました。

11時間にちょっとぐらい嫌なことがあっても
その日の夕方食の時間でリセットできたように思います。

その後、
三人のお兄さんや姉貴は就職や進学で我が家を離れ、
去年の四月から四人兄弟の中のあたくしだけがこの家にいます。

父もママも祖母も、
「静かだな」「ライス作りすぎた」「洗濯物が減ったね」と
何だか寂しそうです。
あたくしも何か足りないようなあるべきものがないような…
そんな気持ちです。

一緒にいること。食べること。
家族がつながることの原点はここなのかもしれませんね。

前を見て進んでいく力は、
家族が共有する時間が与えてくれるのではないか…と
あたくしは今改めて家族の有り難さを思っています。
手術なので確実に成功するとは限らない

手術なので確実に成功するとは限らない

★メニュー

割引制度を利用してレーシック手術
レーシックはどのように行われるのか
事前にレーシックの給付金を確認
日帰りで出来るレーシック手術
手術なので確実に成功するとは限らない
まだまだ新しい技術のレーシック
何よりもクリニックのサポート体制に注目
レーシック治療の実績数は要チェック
これからは裸眼で快適に生活
レーシックの安全性は非常に高い


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩み無しのレーシックナビゲーション