まだまだ新しい技術のレーシック


まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2016/2/28


「倹約遺伝子」が
減量に関係してるって、
みなさま知ってましたか?

倹約遺伝子というのは、
からだに蓄えていたエネルギーが不足すると、
炭水化物の代謝を調整するインスリンをエネルギーの代わりとして使う…
というメカニズムを動かすDNAのことです。

太古の昔は、
今のように食べ物が豊富になかったので、
2日も3日も食べられないなんて、
珍しくありませんでした。

そんな非常時に倹約遺伝子が働き、
からだに蓄えていたエネルギーを使うようにできていたのです。

ところが、
現代は食生活も豊かになり、食べるのに困ることはありません。

倹約遺伝子をそのまま受け継いでしまった人は、
エネルギー過剰で倉庫は常に満杯状態になっています。
なので、減量がなかなか上手くいかないんです。

しかし、
太る原因は、倹約遺伝子ばかりではありません。

昔の暮らしに比べ、
ストレスやトレーニング不足、カロリー過多の食べる事も影響を与えています。

減量だからと食べたいものを我慢すれば、
それがストレスとなり
かえって食べ過ぎてしまうことにもなります。

ストレスにさらされると、自律神経が乱れます。
自律神経を司る「視床下部」は、
食欲をコントロールする大切な働きをしています。

ですので、自律神経が乱れれば、
食欲をコントロールできなくなり、
ついつい飲み過ぎ、食べ過ぎということになるのです。

減量を成功させるには、
最初に目標を明確にし、現状を把握した上で
減量スケジュールを立てることが肝心です。

次に、毎日記録をつけていくこと。
そして、毎日の食べる事や生活習慣を見直すこと。
ストレスは上手に発散し、
からだをこまめに動かすように心がけましょう!



川元誠一
http://demo.jamas.or.jp/api/opensearch?q=%5B%90%EC%96%7B%90%BD%88%EA%5D/AU

トコトリエノールチェック
https://www.suplinx.com/shop/g/g134-16475/

ハワイアンジュエリー
http://www.makana.co.jp/