悩み無しのレーシックナビゲーション

悩み無しのレーシックナビゲーション

ここでは最新のレーシック情報を公開させていただいております。
見逃せない『悩み無しのレーシックナビゲーション』のサイドメニューは必見です。最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。

 

レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。




悩み無しのレーシックナビゲーションブログ:2018/2/21
7年前に母が、続いて3年前に兄が亡くなった。

それまで自由気ままに
結婚もせず、遊びまわっていたあたくしも、
さすがに一人実家に残った病を抱えた父を思い、
約20年ぶりに実家に帰った。

母が健在の頃から、
日本酒を浴びるように飲む兄と両親の仲は、
しっくりいかなかった。

そして母がクモ膜化出血で倒れ、
約ふた月の闘病の末亡くなった後は、
父と兄の関係は修復しがたい程にこじれていった。

母の死を自分のせいだと自らを責め続ける兄には、
日本酒以外に逃げ場が無かったのかもしれない。

酔っては暴言を吐き暴れる兄を、
父は悲しい目で見ていた。

そんな生活が災いして、兄も亡くなった。
父は「悲しいけれど、正直ホッとした」とあたくしに言った。

あたくしは、実家に戻りしばらくたってから、
母が亡くなって以来そのままになっていた、
家の中の片付けを始めた。

そんなある日見付けた手紙の束の中に、
父から母にあてた手紙があり、
あたくしは父に内緒でそっと開いてみた。

それはあたくしが生まれて間もなく、
父が出稼ぎ先から出したものだった。

内容は
「たまにしか会わないので、
子どもたちが自分の顔を見て泣きだしたのがショックだった」とか
「早く一緒に暮らしたい」とかたいした内容では無いのだけれど、
家族に対する愛情が溢れていた。

あたくしは涙が止まらなかった。
兄が生きている間に、ひと目見せてやりたかったという気持ちで、
胸が一杯になった。

仏壇の隅に父の目にふれぬようにそっと手紙を置き、
心の中で
「兄ちゃん、あたくしたちはこんなにも愛されて育ちましたよ」
とそっと呟いた。

そして、父も昨年亡くなり、
あたくしは本当に一人きりになってしまった。

でもあたくしの前には、3人の写真が有り、
今も3人からの愛情を感じている。

 
悩み無しのレーシックナビゲーション モバイルはこちら